a
 
  3月のベルギー同時テロや、7月の仏南部ニースのトラック突入テロなど、テロが相次ぐ欧州で自爆テロ犯が「カミカゼ」と呼ばれている。

 語源は日本の神風特攻隊にあるのだが、自爆テロ犯は民間人を無差別に殺害する一方、神風特攻隊は国際法が適用される正規軍の軍人相手だった。両者が別々に用いられるべきなのは明らかだ。しかし、「誤用」はマスコミから国会議員まで幅広い層に根づいてしまったようだ。(ニューヨーク 松浦肇)

 「ニースのカミカゼや(パリ同時多発テロで襲撃された)バタクラン劇場の怪物たちは、通常の国家だったら、犯行前に牢屋(ろうや)に入っているか、国土から追放されていたはずだ」

 7月19日、オランド仏大統領も出席した仏議会の緊急招集会合。保守系の議員がフランスで相次ぐテロ行為を非難する際、トラック突入テロの実行犯をカミカゼと表現した。

 戦後のフランスでは、「殉死者」という意味合いでカミカゼが外来語として輸入された。それが最近のテロ続発を契機に、自爆テロ犯をカミカゼと呼ぶ習慣が定着した。フランス国内のテロ捜査を統括するパリのフランソワ・モランス検事も、記者会見で「カミカゼ」と連発する。

 国政の場だけではない。仏大手紙フィガロの電子版で検索すると、年初から約560件(7月末時点)もの記事で「カミカゼ」という語句が引用された。ほとんどがテロがらみの記事で、カミカゼは自爆テロ犯を指している。

 実のところ、「誤用」は欧州全体に広がっている。特に目立つのが大陸国だ。

 例えばイタリアだ。ベルギー同時テロで自爆した容疑者の弟が、テコンドーのベルギー代表としてリオデジャネイロ五輪出場を決めたが、伊日刊紙のラ・スタムパは「カミカゼの弟」と記事で紹介した。

 スペインでも自爆テロ犯を「カミカゼ」と呼ぶ。同国では、バスク地方の分離独立を求める非合法武装組織のテロリストがカミカゼにたとえられる例が過去にあった。「死を恐れない決行者」として拡大解釈された格好だ。

 一方で、米国などの英語圏では「誤用」はあまり見られない。一般に、自爆テロ犯は「スーサイド・ボマー(自殺のように爆死する者)」と呼ばれており、「カミカゼ」といえば神風特攻隊を指す。

 この春は、米共和党の中心的な存在であるポール・ライアン下院議長の任務が、「カミカゼ的使命」と比喩されていた。ライアン氏が米大統領選の党指名候補選びや政策決定で板ばさみにあっていたためで、「政治生命を賭した難題」という意味合いで用いられたに過ぎない。

 米国は神風特攻隊の攻撃を受けた経験を持つ上、同盟国として多くの知日派を抱えている。一方、欧州大陸の市民にとって日本はいまも「遠い国」だ。過度に日本の文化を神秘的にとらえるため、「誤用」が目立つ面があるようだ。